大学生に入学してからすぐに、大学が提供しているクレジットカードに申し込みました。大学生になれば、急にお金が入り用になることもあると思ったことと、クレジットカードで使用した額の何%かが奨学金の基金になるということが、大学提供のクレジットカードに申し込んだ理由でした。

クレジットカードの手続き自体も非常に簡潔で、大学入学時に渡された書類に、自分の名前と捺印、そして保証人の名前と捺印程度で終わりました。学生なので、審査のようなものは一切ありませんでした。

また、上限額は月に10万円となっており、学生らしい金額しか使えないようにしてありました。ですが、いざクレジットカードを作ってみたものの、そこまで使用頻度は高くなく、学期始めの教科書の購入や定期券の購入の時くらいしか使用しませんでした。

上限額が決まっており、使用する場面も限られてはいましたが、逆にクレジットカードの使い方を学ぶという意味では良かったなと思います。使用額の一部が奨学金になるというのも、上手い方法だと思いますし、大学指定のクレジットカードを持っていて損はないと思います。

友人は学生でも申込めるカードロンの在籍確認の電話でアルバイトを辞めていることがバレて審査に落ちていましたが。

学生の時にアコムがあればなぁ

18歳ぐらいからは、やはり親と過ごすというのがすごく少なくなっていました。夜なんていうのも、ほとんど外に遊びに行き家にも帰る事がなかったのです。だから、親にも少しさみしいような思いをさせていた所があったのかなと思います。

学生の時というのはとりあえず友達といるのが楽しかったです。だから、親の事を考える事なく遊んでばかりいました。卒業をしてからは、すぐに自立をして家をでましたから、母にも悪い事をしたなと思いました。

そんな事を思うと、子供もいつ家から出ていくのかわからないものなんだなと感じてしまいました。そうなった時はどれだけさみしい思いをするのだろうと思ってしまいます。私も、今母となったからこそ母の気持ちがすごくよくわかるようになりました。

もうちょっと、たくさんの時間を母といてあげれたらよあったのにと思う事もあったりします。そんな事を思いながら、これからはちょっとでも実家に変えれたらいいなと思います。

アコムのFAX契約専用書類はセブンイレブンで取り出せる

今までお借入れをした事がないような人に思い出せる消費者金融の名前を言わせて見ると、アコムと答える人が圧倒的に多いのではないでしょうか。世代によっても答えは違うかもしれませんが、それでもアコムが何かを知らない人を探すのは難しいでしょう。

理由はやはりコマーシャルです。いつもよくこんなに印象的で面白いコマーシャルを考えるものだと感心してしまうくらいに、インパクトのあるコマーシャルばかり作る会社です。子供の頃からたくさんのアコムのコマーシャルを見てきている人は多いでしょう。

ですから、時々最も面白かったアコムのコマーシャルの話で盛り上がったりする事もあるでしょう。そんなアコム面白いところの1つはFAX契約専用書類一式をセブンイレブンのマルチコピー機から取り出せる事です。

これは家にパソコンもプリンターもない人で、郵便物を送ってもらいたくない人にはアコムが便利でしょう。アコムは面白い消費者金融と言えますが銀行系のレイクの在籍確認を行って審査してもら方法もおすめです。