生活にはお金が必要になりますが、お金が必要なのは学生の立場であっても変わりません。友人と遊びに行くときにもお金が必要になりますし、ゲームやスポーツ用品など欲しいと思えるものは学生でもたくさんあります。学生が収入を得るためには、

 

親からのお小遣いの他にはアルバイトをするという選択肢があります。


ご存知の方も多いですが、中学生だとアルバイトをすることができませんので、この点は注意しておきましょう。アルバイトを始めることができる年齢は高校生からですが、学生の立場は大学生という立場もあります。

 

高校生の立場と大学生の立場では、アルバイトをすると良い時間帯が違いますので注意しましょう。


高校生の場合は、深夜の時間にアルバイトをすることができません。したがって、高校生のときは22時以降はアルバイトをしないようにしましょう。

高校生の場合は、平日だと16時ころには学校が終わっていることが多いので、17時ころからアルバイトを始めて22時に終わるのが良いでしょう。アルバイトを募集している会社も、高校生を雇うときの平日は17時から22時までと考えている会社が多いです。

大学生になると、自分で時間割を決めることになりますので、それを踏まえてアルバイトをすると良いでしょう。18歳以上になると、22時以降の深夜にアルバイトを行っても問題ありません。

休日前や次の日の時間割が昼以降からのときなどは、稼ぎたいときは深夜の時間帯にアルバイトしても良いでしょう。