アルバイトの学生でも借入できる方法は条件をクリアしていることです。

 

  • 年齢20歳以上である
  • アルバイト・パートなどで安定収入がある

この二つの条件をクリアしていれば収入の少ないアルバイトでも審査能力の高い以下のカードローンで借入可能です。

アルバイトの学生でも借入できるカードローン

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス


    プロミスレディース

  2. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

アルバイトで借入するコツとは?

アルバイトで収入を得ている人というのは、不況と呼ばれる現代社会では特に珍しい存在ではありません。そのため、消費者金融や銀行のカードローンなどでは、アルバイトへの融資にも対応しているところが増えており、正社員として働いていなくても、アルバイトで一定の収入があればこうしたところを利用してアルバイトでも借入を受けることができます。

とはいえ、アルバイトの人が借入を受けるためにはいくつかの条件があります。

収入の少ないアルバイトの借入では他社借入があると厳しい

 

まず、「他からの借入がない」ことが大前提になります。


確かに以前に比べると、アルバイトで収入を得ている人を融資対象としている業者や銀行が増えてきたのは事実です。しかし、それでも無条件に、そして無制限に融資が受けられるわけではありません。

全く他からの借入がなければともかく、既に他の銀行なり消費者金融なりから融資を受けている場合は、それだけで借入を受けることがかなり厳しくなります。少額であればまだ可能性はありますが、数十万円単位で借入の残高があった場合には融資を受けることができないケースも十分考えられます。

収入の少ないアルバイトの借入でも安定収入があれば返済可能とみなされる

 

次に、「安定した収入がある」ことが必要になります。


これは、ある意味基本ともいえる部分です。アルバイトと一言で言っても様々な形態がありますが、いわゆる「短期バイト」や「日雇いバイト」などの場合は業者によっては「安定した収入」と判断してもらうことができず、融資を受けられない可能性もあります。

長期で半年以上アルバイトとして働いている人であれば、借入を受けることができる可能性が高まります。

与信の少ないアルバイトの借入だからこそ申込内容は正確に

 

そして、忘れてはならないのが「正確な情報を伝える」ことです。


他からの借入があれば審査段階で不利になると考え、敢えて借入がないことを伝えたり、収入の金額を多めに伝えるなど、「真実と異なる情報」を業者に伝えた場合は、ほぼ間違いなく審査に通らなくなります。

また、これらの情報については業者サイドで審査段階で確認することなので、嘘を伝えてもばれてしまいます。融資を申し込む際には必ずキャッシングでも専業主婦が申込めるところもありますので正確な情報を伝えるようにしましょう。